お風呂の汚れや掃除法を解説

お風呂は普段お湯を流したりするのに、何故汚れが溜まってしまうのでしょうか。
当ページでは、基本的な汚れの知識を解説した上で、お風呂掃除のポイントをお伝えしていきます。詳細を理解して、ご自身の掃除にお役立て下さい。

そもそも何で汚れが溜まってしまうの?

お風呂の汚れ等を考える際に、是非ご理解をいただきたいポイントがあります。

それが「お風呂は本来汚れが生成されやすい場所である」という点です。そもそも、汚れには油性やミネラル汚れ等多様な種類が存在をしているのですが、お風呂の場合、皮脂系の汚れに水が加わり、更に高温多湿という条件も加わって、極めて汚れが悪化しやすい状態になってしまっているのです。

また、最近の家で一般的に利用をされている「FRP」は価格自体は手頃ですが、汚れが残りやすいという特徴もあります。結果として、お風呂には汚れが溜まってしまうのです。

具体的な掃除の手法を解説します

では次に、具体的なお風呂掃除の手順・ポイントをお伝えしていきます。正しく掃除をすれば案外早く終わりますので、是非お試しください。

1.掃除をするベストなタイミングとしては「入浴直後」となります。お風呂の後に掃除をするのは抵抗を感じるかもしれませんが、浴槽の温度が上がっているため、汚れが柔らかくなり、落としやすくなっています。そのため、普段より少し早いタイミングでお風呂に入り、掃除を行うことがオススメです。

2.重曹を用意し、それを取って浴槽を洗っていきましょう。浴槽は濡れているので、重曹をあえて「重曹水」等にする必要はあまりありません。粉のまま取り、こすっていけばOKです。(重曹には軽い研磨効果もあるため、これでかなりの汚れを落とすことが出来ます)また、どうしても汚れが落ちない場合などは「激落ちくん」等を利用することで汚れを落とすことが出来ます。ただ、これは浴槽を傷つけるリスクがあるため「どうしても落ちない汚れ」等の場合に限定して行うようにしましょう。

3.ここまでの掃除を終えたら一度シャワーで浴槽を全てキレイにしましょう。

4.最後に酢(クエン酸)を染み込ませたスポンジを利用して、同様にこすっていきましょう。お酢を利用すると、水道水に含まれるカルシウム汚れを落とすことが出来ます。こうすることで、重曹+お酢の全く異なったアプローチから掃除を行えるんですね。また、お酢が残ることが無いよう、しっかりと最後はシャワーで洗い流しましょう。

以上の内容を行って頂ければ、浴槽をキレイにすることが出来ます。お風呂によく入る冬のシーズン等は、是非2週に1回程度この掃除を行うようにしてください。