具体的なトイレの掃除法を解説

当ページでは「トイレの掃除方法」という事に絞って詳細をお伝えしていきます。私達の生活において、欠かすことの出来ないトイレですが、具体的にどのように掃除を行っていけばいいのでしょうか。具体的な掃除のステップをお伝えしていきますので、是非ご確認下さい。

まずはウォシュレット便座を本体から取り外そう!

普段、そこまで掃除をする機会は少ないと思うのですが、トイレを本気で掃除するつもりなら、まず最初に便座を外すようにしましょう。便器と便座の間には少しの空間があるのですが、この空間に汚れが入り込んでしまうため「全てを外す」という事が極めて重要になってくるんですね。

では、具体的な流れを解説していきます。

1.まずは便座を固定しているピンを外して下さい。また、ピン周囲も汚れている可能性が高いので、この時点で拭きましょう。

2.ウォシュレット便座に付属している電源プラグを取り外して下さい。付けたままだと故障のリスク等が高まりますので、絶対に取り外すようにしてください。

3.マイナスドライバーを利用して、止水栓を締めて下さい。

4.バケツを用意して、ホース取り外しの用意をしてください。止水栓を締めたとしても、中に水は溜まっています。水浸しにしないためにも、しっかりとバケツをご用意下さい。

5.ウォシュレット便座を取り外していきましょう。基本的にはこの段階で取り外しは可能なのですが、製品によってはコード等がついている可能性があります。
引っ掛けることの無いように、注意をしながら取り外しをしていってください。

取り外した状態で徹底的に掃除を行おう!

ここまでの流れを行って頂ければ、かなりの汚れを見つけることが出来ると思います。では、これより具体的な掃除の方法をお伝えしていきます。

6. いくつか掃除の選択肢はあるのですが、オススメは「クエン酸スプレーを吹きかけの拭き取り」となります。クエン酸のスプレーを当てた後、ウエスで拭き取ればキレイにする事が出来ます。そして、入り組んだ汚れなどは、綿棒を利用してキレイにしていきましょう。

7.水分を残していると、そこが汚れの温床になってしまう可能性があります。乾いたウェスを利用して、水分を取り除いていきましょう。

8.最後に、取り外した便座を元に戻して、接続機器を全て接続すれば完了です。また、ウォシュレットを取り付ける際には、漏水がないかをとご確認下さい。

以上の内容を行って頂ければ、トイレの見えない部分もキレイに掃除可能となります。是非一度取り組んでみて下さい。