コップに付着した茶渋の対処法を解説!

コーヒーや紅茶を毎日飲んでいると、どうしてもコップに茶渋がついてきてしまいます。そこで当ページでは、製品別に「茶渋の落とし方」について解説をしていきます。是非内容をご確認下さい。

まずは塩を利用しよう!

まずは茶渋に対して「塩」をご利用下さい。
あまり一般的には知られていないのですが、塩には研磨の効果もあるため、茶渋などに対して力を発揮してくれます。お湯で濡らしたスポンジの先端に塩を付け、それでゴシゴシと洗えば汚れを落とすことが出来ます。どのご家庭にもある塩で、簡単に掃除可能ですので、まずはこちらをお試し下さい。

重曹も効果的です

塩で様々な製品の対応が可能なのですが、製品によっては「傷つくリスク」という物も考えられます。そこでオススメになってくるのが、重曹となります。

重曹はかなり汚れに効果的でして、茶渋などの場合、ティースプーン一杯程度を振りかけて、その上から濡れたスポンジで洗うことでキレイにすることが出来ます。

この方法は基本的には塩と同じように「研磨による掃除」となるのですが、重曹の方が粒子が細かいため、茶渋だけを落とすことが可能になるのです。

このように「重曹の使い方」を解説すると、一般的な「激落ちくん」等の研磨系のスポンジを考える方もいらっしゃるかと思います。たしかに、ああいった研磨型のスポンジは効果的なのですが、仮にコップの材質が脆かったり、中に絵が描かれて居たりした場合、傷をつけすぎてしまうリスクがあります。

そのため、最初は重曹から利用をしていきましょう。

魔法品等には、専用の商品を利用しよう

最後に「魔法品」等の掃除方法をお伝えしていきます。

最近では「家から魔法瓶に紅茶を入れて持っていく」等は一般的な話だと思うのですが、そういった事を日課にしていると、どうしても魔法瓶に茶渋が溜まってきてしまいます。魔法瓶の茶渋にも重曹は効果的なのですが、それ以外に是非専用の商品をご検討下さい。

amazonで「ピカボトル」と検索をしていただければ出てくるのですが、ステンレスボトル専用の錠剤等が存在をしています。これの使い方としては、この錠剤を1つ&お湯を入れて、数時間放置をすればOKです。

そうすれば、数時間後には茶渋が全部浮き上がって、中のお湯を捨てるだけでピカピカにすることが出来るんですね。私は冬の「温かい紅茶を持っていくシーズン」が終わる度に、これで中をキレイにするようにしています。

是非一度ご検討下さい。