網戸の掃除を行っていこう!

当ページでは、網戸・窓ガラスの掃除法についてお伝えしていきます。
普段それほど掃除をしないこれらの部位ですが、正しい方法で掃除をすることでピカピカにすることができます。掃除を行う際に特に重要なポイントをお伝えしていきますので、是非内容をご確認下さい。

曇りの日は窓掃除のチャンス!

まず最初にお伝えしたいのが「曇りの日の掃除がオススメ」という点です。
実はあまり知られていないのですが、窓ガラスの掃除には曇りの方が適しているんですね。何故このように言われているのかと言うと、それは「太陽の光」が関係をしています。是非窓を見て頂きたいのですが、実は直射日光が降り注いでいるタイミングだと、窓を確認しても、あまり汚れなどを確認することが出来ません。

それに対して、曇などの「ちょっと光が弱い」程度の方が、簡単に汚れや拭き漏れ等を確認することが出来るのです。また、真夏の直射日光が強い時間帯等に掃除を行ってしまうと、水がどんどん乾いてしまい、それが結果として「ムラ」等に
繋がってしまう可能性等も考えられます。

そのため、是非掃除の際には曇りの日に掃除を行うようにしてください。

窓ガラスを掃除する際には、上から下を意識しよう

また、これも基礎的な知識となってしまうのですが、掃除を行う際には是非「上から下への掃除」を意識するようにしてください。

窓ガラスの汚れというのは、どうしても水を当てると「下へ下へ」と言った感じで降りていきます。そのため、下から順番に掃除を行っていくと、掃除を行った部分に汚れがついてしまうんですね。上から順番に掃除をすればそのような事もありませんので、是非意識をしてみてください。

網戸の掃除のコツについて解説

では次に網戸の掃除を行う際のコツについて解説をしていきます。
ポイントごとにお伝えしていくので、是非ご理解下さい。

まずは掃除機で汚れを吸おう

網戸掃除の第一歩目は「掃除機でのホコリ取り」になります。網戸に掃除機を当てて、ホコリなどを取っていきましょう。またその際に、裏側に新聞紙をセロハンテープで止めれば、吸引力を高める事が出来ます。

濡れ雑巾で掃除を行おう

また、一通りホコリを取り終わったら、濡れ雑巾で両側から挟んで掃除を行いましょう。片面だけだとキレイにならないので、是非しっかりと両側から掃除を行うようにしてください。

この内容を実施頂ければ、網戸と窓ガラスはキレイにすることが可能になります。季節の変わり目などに実施をしてみてください。